2019年2月9日

ぐっすり眠る方法


 

ご来店ありがとうございます。

ぐっすり眠る方法

1.朝起きたら出来る限り太陽の光を浴びる。

●体内時計がリセットされ副交感神経から交感神経へ自律神経が調整され                                     るのです。

2.寝る五時間程度前に軽い運動をすると寝付きがよくなる

●明日へ疲れを残さないように散歩やストレッチのような有酸素運動が効果的です。

3.寝る三時間前には夕食を取る。

●「食べてすぐに横になると牛になる」なんて言い伝えもありますよね!

4.食事と入浴は、30分以上間をおく。

●食後内蔵に集まった血液が全体に散ってしまうため消化不良を起こしやすいのです。

5.睡眠環境を整える。

●アロマの香りで癒されたり、落ち着く音楽を聴くことで熟睡効果もあるのです。

6.寝る前に、少し水分を取る。

●睡眠中には約300~400ccもの汗をかきます。寝ている間に水分不足に陥らないようにしましょう。

7.寝る前に、必ずトイレに行く。

●寝ている間にトイレに行くことは睡眠を中断していまう。行為だから気をつけたいですね。

8.昼寝は20分以上はとらない。

●多く昼寝をとると、自律神経のバランスがおかしくなったり夜、眠りが浅くなったりします。

9.寝るときのスタイルを決める。

●動きやすく締め付けないゆったりしたものが最適です。寝汗の吸収のよい素材を選ぶ事が必要です。

10.乾燥時は、首のまわりを守る。

●首のまわりを暖めることで、汗をかき口周りの温度が上がります。

11,睡眠儀式(ルーティン)をつくる。

●パジャマに着替えて⇒歯お磨いて⇒うがいをして⇒トイレに行って⇒寝室へと決めると脳が眠りの準備に入り安くなります。

12.朝起きる時間から逆算して寝る。

●レム睡眠+ノンレム睡眠は成人で約90分サイクルです。ちょうど目覚めやすい時間から逆算することでスッキリ目覚められるかも。

13.なるべく提示に寝る。できれば12時間前に。

●サーガディアンリズムが狂いにくくホルモンの恩恵を受けるためにも守りたい項目です。

14.ふとんに入る時間を7時間以上とる。

●筋肉の緊張から解放するためには横になっていることが重要です。

15.寝室の光(あかり)にもこだわりを。

●青い光は交感神経を刺激するので、寝室の光を黄色系に調整。できれば関節照明がいい

明治27年の信頼と実績!!オーダーメイド枕のある愛知県の寝具店。愛知県の津島市・海部郡・愛西市・あま市・弥富市・稲沢市を中心に、愛知県一宮市・三重県桑名市多度町・岐阜県海津市・名古屋市中川区などからも、ご利用頂いております。 愛知県津島市今市場町4-14 ワタシン津島本店 営業